脇が臭くても必ずしもワキガではない

誰でも脇は臭い?自分はワキガだと勘違いしている人が急増

 

脇の臭いが全てワキガと勘違いしている人が多いようです。
脇の臭いとワキガというのは違います。

 

わき

 

それでは、脇の臭いがひどくなったのがワキガというのか、というのも少し違うのです。
というのも、ワキガというのは腋臭症(えきしゅうしょう)というれっきとした疾患なのです。

 

体臭の元となるのは汗腺の中でもアポクリン腺というもので、ここから出る汗が強い臭いを発生させるのです。
アポクリン腺は誰でも持っているものです。

 

それでも、ワキガになるとこのアポクリン腺の数がとても多くなります。ここが一般の体臭がきついというのとワキガの違いです。
そして、ワキガは疾患ですから、自分でワキガと決めつけるものではありません。
皮膚科などの医師が診察して、「これはワキガだ」と判断することでワキガになるのです。

 

ですから、診断されるまでは自分でワキガと決めつけることはできないということですね。
もっとも、アポクリン腺が多いとそれは目で見てわかるようです。

 

通常の皮膚とは明らかに違う、赤いイクラ状のぶつぶつができるということですから、それを目安にしておくといいでしょう。
誰でも体臭はあります。気にしすぎてもそれが普通だと考える頭の切り替えも必要なのです。

 

ワキガではなくても臭う

脇の臭いがきついと、ワキガだと多くの人が思ってしまうようです。
しかし、ワキガというのは確かに臭いがきついものですが、臭いだけでワキガというわけではないのです。

 

アポクリン腺という汗腺が多いこと、これはかなり多いと考えていいのですが、そのような状態のときにワキガとなります。アポクリン腺が臭いを司っているので、これが多いほど臭うということになるのですが、ワキガの判断というのは臭いではなくアポクリン腺の数だということを覚えておきましょう。

 

ワキガというのは生まれついてすでに決まっているものです。
ですから、突然ワキガになるということはありません。もっとも、思春期になる頃までワキガということはわからないので、そこで突然ワキガ、ということになるのかもしれません。

 

アポクリン腺自体は誰でも持っていますし、体調や気持ちの面で左右されるものですから、ワキガの人以上に臭うことはよくあります。
ですから、ワキガではなくても臭うということをしっかりと理解しておきましょう。
不規則な生活や過度なストレスで、体臭がきつくなることがあります。

 

ですから、臭いがきついからとすぐにワキガということにはなりませんし、すでにワキガというのは決まっているということを覚えておきましょう。

 

脇の臭いの原因と対策

脇の臭いが体臭の中でも一番きついと感じる人は多いでしょう。
満員電車の中でつり革につかまるのも、気を遣ってしまいます。
脇はどうしても汗をかきやすい部位です。

 

ですから、しょうがないと開き直ることができればいいのですが、それもなかなかできそうもありません。
脇の臭いの原因はアポクリン腺にあります。
汗腺の1つなのですが。もう1つのエクリン腺がほとんど水みたいなのに対してこのアポクリン腺からでる汗はよく臭うのです。
アポクリン腺から出る汗はたんぱく質や脂質などを含んでいるため臭いが強烈になってしまうのです。

 

対策としてはできるだけ汗をかかないということにつきるのですが、新陳代謝も大事ですし、汗をかかないほうが逆に体調面で心配になります。

 

欧米人の体臭がきついことはよく知られています。
それは何故かというと、食事の中でたんぱく質や脂肪をたくさん取っているからです。
これがアポクリン腺から出る汗にたくさん含まれているのでそれが体臭となってしまいます。

 

このことから、高タンパク高カロリーにならないように、日頃からバランスのよい食事を心がけると脇の臭い対策になることは間違いありません。
気になる臭いを食事療法で改善しましょう。

 

特典多数の↓クリアネオ公式サイト