ワキガ臭は温度で変化する

温度差が大きい春はワキガ臭に注意!

春といえば日中と夜の温度差が激しくなってくる季節です。

 

春

 

そのため汗もかきやすいのでワキガの方は臭いにも注意が必要となってくるでしょう。

 

冬の間は寒いため汗をかくこともあまり多くはありません。

 

そのため汗腺はちょっとだけ休眠状態になっている場合があります。

 

暖かくなって起き出した汗腺が活発に働くようになることで、ちょっと濃い汗が出るようになります。

 

夏になってくるとさらさらっとした汗が出るのですが、冬から春にかけては比較的濃い汗が出やすくなっているのです。

 

この濃縮汗は臭いが通常よりもきついため、ワキガの方は特に注意が必要です。

 

朝方などはまだ寒いため着込む傾向にありますが、日中の温度が上がった時に汗が蒸れてしまい臭いがきつくなる場合もあります。

 

できるだけ薄着になれるような服装を心がける必要があります。

 

また濃い汗が出てしまわないように、日頃運動して汗をサラサラにすることも大切です。

 

水分を多めに摂取することも濃縮汗の対策になります。

 

服装も通気性の良いものに変えて、熱をこもらせないように、汗をかきにくくするようにしましょう。

 

春のワキガは甘くみてはいけません。

 

夏よりも春のワキガの方が臭う場合もあるので、こまめにふき取ったりしながら春から対策をしていくようにしましょう。

 

 

 

脇汗が出やすい時間帯

 

汗も時間帯によって出やすい時間があります。

 

特に脇汗も出やすい時間帯があるので注意しておきましょう。

 

汗をかきやすくなる環境は暑くなる時間帯です。

 

特に春から暖かくなる時間帯も出てきます。

 

日中でも特に暑くなってしまう時間帯といえば午後12時以降の時間となるでしょう。

 

この時間よりどんどん気温が上昇するため、脇汗も出やすくなってくるのです。

 

特に春は朝の間もちょっと肌寒くなっているので、着込む方も多いでしょう。

 

その状態で午後を迎えてしまうとより一層暑くなるため、脇汗も出やすくなってしまいます。

 

服装にも注意しておかなければ、汗もこもってしまうため臭いもさらにきつくなってしまうでしょう。

 

時間帯によってはお昼以降などちょっと薄着になれるような服装を心がけましょう。

 

また春だから大丈夫と言ってデオドラント剤の使用を怠ると臭いがそのまま出てきてしまいます。

 

汗をかきやすい時間帯を狙って、デオドラント剤や汗を拭きとれるシートなどを用意しておきましょう。

 

まだまだ夏ではないから大丈夫と考えていると、春の服もワキガの臭いがついてしまう場合もあります。

 

臭いがつくとなかなか取れないですし、春の汗は濃いのでさらに臭いがきつく恥ずかしい思いをしてしまう場合もあります。

 

できるだけ服装やお手入れにも気を配れるように、準備は春から進めていくようにしましょう。

 

 

 

服装の注意

 

春先は服装が一番難しい季節でもあります。

 

あまり着込んでしまうと暑くて汗をかいてしまうのですが、着込まなかったら寒くて耐えられない。

 

このような状況もあるため、なかなか適切な服装になれず汗をかきやすくしてしまっていることがあるのです。

 

春先は脇汗もキツイ臭いを放つので十分注意が必要です。

 

まず寒い時にはできるだけインナーで着込むのではなく、暖かいアウターを羽織るようにしましょう。

 

中の服は薄めにしておくと、通気性も良くなります。

 

通気性が良いということは風通しが良く体の温度も上がりにくくなるため、汗もかきにくくなる場合があります。

 

暖かい素材のインナーを外すようにしましょう。

 

そして脇に密着した服は控えた方が良いでしょう。

 

布が密着することで通気性が悪くなってしまう場合があります。

 

脇の部分の布の幅は常に余裕を持ち、密着させないようにしましょう。

 

またどうしても密着している場合には汗脇パッドなどを使用して、取り替えられるようにしましょう。

 

朝晩が冷え込むためまだまだ薄着が難しい季節でもあります。

 

ですが多少寒くても汗のことも考えて日中の服装を重視し、アウターなどで寒さをカバーしながらコーディネートしていきましょう。

 

 

 

特典多数の↓クリアネオ公式サイト