ワキガの人は白い服に注意が必要

ワキガの人は白い服に注意!

 

汗をかく季節になってくる時になるのが汗染みです。

 

シャツ

 

特に脇の部分の汗染みは取れにくいため、白い服には十分注意したいところです。

 

特にワキガの方は白い服には注意が必要です。

 

ワキガの方に多いのが汗染みによる衣類の黄ばみです。

 

春先からどんどん気温も上がってくるため、日中汗をかきやすい状態にもなっています。

 

また冬の間お休みしていた汗腺も活発になってくるので、ちょっと濃縮された汗もどんどん出てきてしまいます。

 

春先にかけての濃縮した汗は黄ばみも濃くなりやすいです。

 

ワキガの場合は脇汗が黄ばみやすいので白い服を着る際には要注意です。

 

白い服を着る際には汗脇パッドなどで汗が服につかないように気をつけましょう。

 

汗脇パッドも染み込む可能性もあるので、代えなどを用意すると良いですね。

 

汗染みはワキガでなくてもついてしまう厄介なもの、特にワキガの場合は落ちにくいのでさらに厄介となってきます。

 

白い服を楽しむためにも、汗脇パッドの他に制汗剤やこまめなお手入れで汗染みがつかないようにしておきましょう。

 

ただ制汗剤も使いすぎると変色の原因となってしまうこともあります。

 

汗の量も考えつつ、適度に使用するようにして上手に白い服も楽しみましょう。

 

 

 

 

なぜワキガだと衣類に黄ばみができるの?

 

ワキガの方に多い汗染みによる衣類の黄ばみはなぜできてしまうのでしょうか。

 

これはワキガ特有のものでもあります。

 

ワキガの方が持つ汗腺にアポクリン腺と呼ばれる汗腺があります。

 

この汗腺を思っているとワキガになるのですが、このアポクリン腺から出た汗が衣類に黄ばみをつくってしまう原因でもあるのです。

 

ワキガでない方も汗を多くかいたら汗染みができてしまいますが、ワキガの方ほどではないでしょう。

 

ワキガの方はアポクリン腺から出る汗により衣類を黄ばませてしまうのです。

 

特にワキガがひどい方はアポクリン腺の量も多いため、衣類が黄ばみやすいでしょう。

 

白い服などを着ることが難しい場合もあるかもしれません。

 

ただ白以外でも黄ばみが目立つ場合もあるので、色のついた服でもわかってしまうこともあります。

 

お洒落ができなくてつらい方もいるとは思いますが、汗脇パッドなどで対処するようにしましょう。

 

またデオドラント剤が原因で黄ばむ場合もあります。

 

汗と混じり合って変色する可能性もあるので、デオドラント剤も汗の量が多い日にはあまり使いすぎない方が良いでしょう。

 

一番はこまめにふき取ったりすることでもあります。

 

あとは汗脇パッドもお助けアイテムとなってくれるので、汗をかく季節にはこれらを使って対処していきましょう。

 

 

 

普通の洗濯では落ちにくい

 

ワキガによってできた汗染みの黄ばみは普通に洗濯しても落ちません。

 

また皮脂汚れのような黄ばみでもないため、ワキガは見てはっきりとわかる黄ばみです。

 

漂白剤を使用すれば落ちるような気がしますが、漂白剤では全く落ちません。

 

多少の黄ばみは浮かせたとしても、残ってしまうのがワキガの黄ばみなのです。

 

もちろん臭いも残ってしまうため、そのまま着てしまうことはとても危険です。

 

さらに臭いがきつくなってしまうでしょう。

 

ワキガの汗による衣類の黄ばみには普通では太刀打ちができないので、重曹を使用しましょう。

 

重曹であればワキガの黄ばみもしっかり落とすことができます。

 

もしも重曹だけで落ちない場合には、酸素系の漂白剤と混ぜて使用すると良いでしょう。

 

その時には混ぜても大丈夫なのかしっかり確認してから使用しましょう。

「まぜるな危険」と書かれている場合には、使用は必ずやめておきましょう。

 

また洗う際にお湯を使って洗うことも落ちやすくする方法となります。

 

50度ぐらいのお湯を使えば漂白剤の効果なども高くなるため、より綺麗に落とすことができるでしょう。

 

お手入れは大変ですが、黄ばむ度に服を捨てることはできません。

 

できるだけいろいろな服を着るためにも、こまめなお手入れを続けていきましょう。

 

特典多数の↓クリアネオ公式サイト