脇の臭いは一つではない!その種類と原因

脇の臭いは一つじゃない!酸っぱい、甘い、汗臭い

 

脇の臭いのイメージはどうでしょうか。
汗臭いというと、酸っぱいというイメージが強いと思います。
しかし、「甘い」と感じる人も少なくないようなのです。
これは、いったいどういうことでしょうか。

 

脇の臭いが甘いのはどういうこと?
ふとした瞬間に臭ってくる臭いが甘かったらどうでしょうか。
それが食材だったらいい匂いということになるのですが、どうやら脇の臭いのようだ・・
と思ったらそれだけで幻滅してしまいます。
しかし、汗臭い臭いではなく、甘いのだったら・・

 

どうやら、甘い臭いの犯人はアンモニアのようです。

アンモニア

アンモニアが甘い?と思う人も多いことでしょう。
汗の臭いの原因は皮脂などの分泌物によるものです。
そして、さらにアンモニアが混ざることで甘い臭いに変化していたのです。
アンモニアは誰でも持っているものです。
オシッコの成分ですから、なんとなく臭いのイメージがわきますね。

 

それが、汗のように体外に出てしまうのは、ストレスや疲れなどメンタル的な部分や体調的な面が多いようです。

普段でも微量のアンモニアは排出されるようですが、このような体調や気持ちの面で通常よりも多く分泌されることがあるのです。

体調や気持ちの落ち込みによって、内臓の働きが悪くなると消化の働きが鈍くなり、アンモニアが分解できなくなって、体外に排出されてしまうということですね。

 

気になるワキガはどんな臭い?

 

ワキガの臭いは臭いといいますが実際はどんな臭いなのでしょうか。
一説にはタマネギのような臭いという表現が使われることが多いです。

 

タマネギもそれほど不快な臭いという気がしません。
しかし、それがワキから発生する臭いということで、きつい臭いに思えるのかもしれません。

 

もっとも、一番多いのが「なんとも言えない独特な刺激臭・・」という例えです。
人混みの中で、息をするのも嫌になるくらいの刺激臭に襲われることがあります。
そのときの気持ちは、文字通り何とも言えず、思わず息を止めたくなるような臭いなのです。

 

確かに、例えようがない臭いと言ってもいいかもしれません。
ワキガの臭いは、多種多様です。
ワキガといっても軽症の人もいれば、この世のものとは思えない刺激臭の人もいます。

 

個人差もあり、ワキガの臭いを一言ではとても言えないというのが正解と言えそうですね。
もっとも、自分のことをワキガと自嘲する人も多いようですが、腋臭症(えきしゅうしょう)と呼ばれる、正式な疾患です。

 

実際に臭いが強いだけで、ワキガという人は意外と少ないものなのです。
ワキガの臭いの例えで面白いのは「鉛筆の芯の臭い」というのがあります。
これもなかなか実体験したことがないので、思わず鉛筆を探したくなりますね。

 

脇の臭いがきつくなる原因

 

脇の臭いがきつくなる原因は様々です。
元々、汗っかきの人は脇が臭いとされてきました。
確かに、汗をだらだらかいている人はそれだけで体臭がきつく感じられるものです。

 

これはワキガと一緒で体質的なものですから、いかんともしがたいものです。
しかし、体質以外で脇の臭いの原因というのはあるのでしょうか。

 

一番多いのはストレスだとされています。
様々な問題の原因ともなるストレスですが、脇の臭いにも関係しているということですね。
ストレスが増えると体の中で何が起こっているのかというと、男性ホルモンが活発に分泌してきます。

 

女性ホルモンよりも男性ホルモンが多くなると脂肪の分泌が増え、毛穴から皮脂や脂肪酸がたくさん出てくるのです。
女性よりも男性のほうが体臭がきついのもこれで理解できますね。

 

日頃からストレスを抱えないようにしたいものですが、これはもうメンタルを鍛えなくてはいけなくなりそうです。
そして、食事です。高タンパクの食事をしていると臭いがきつくなります。
ですから、肉や乳製品の取り過ぎなどがそうです。

 

肉

 

食生活の改善が必要になりそうですが、肉だけを食べるといった偏食がちな食事ではなく、肉を食べてもそれを相殺できるように野菜をしっかり取るということも大事です。

 

 

特典多数の↓クリアネオ公式サイト