脇の悪臭の原因は衣類かも

着用する衣類によっては脇の臭いが強烈に!

 

脇の臭いは誰も気になってしまうことです。

 

衣類

 

脇からの臭いによって周囲の人を嫌な思いにさせてしまいますし、自分の臭いで気持ち悪くなってしまうこともあります。

 

そんな脇の臭いは着用する衣類によって強烈になってしまうことがあります。

 

衣類と脇臭は大きく関わりがあり、特に脇が蒸れてしまうような衣類ですと脇臭が強烈になってしまいます。

 

また、蒸れることによって脇に汗をかき、その汗が衣類についてしまうと脇臭になってしまいます。

 

さらに、蒸れによって濡れた衣類が乾くと繁殖した雑菌が増えてしまい、余計に脇臭を発生させてしまうのです。

 

特に脇が蒸れやすい厚手の衣類は臭いが強烈になりやすいので注意が必要です。

 

それと、脇が露出する衣類も気を付けたほうが良いでしょう。

 

脇にかいた汗が衣類に吸収されないと、そのまま臭いが発生してしまいますし、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうからです。

 

ある程度、脇の汗を吸収する衣類が臭いを強烈にさせない方法でもあります。

 

衣類に脇の臭いがついてしまうと普通の洗濯では取れないことがあります。

 

このように衣類と脇臭には密接な関係がありますので、思い当たる人は衣類にも気を使ってみてください。

 

 

大人気のヒートテックも脇臭の原因

 

多くの人に着られている服がヒートテックです。

 

冬の定番アイテムとなりつつありますが、体を温めるためには最高の衣類と言えます。

 

しかし、体を温めるということは同時に汗をかきやすくなります。

 

特に脇に汗をかきやすくなりますが、その脇汗によって脇臭が発生してしまいます。

 

実際にヒートテックを着た人で脇汗が増えて脇臭が強くなったという人もいるでしょう。

 

ヒートテックを着ることによって脇臭の原因になるのは吸湿発熱繊維が使用されているからです。

 

吸湿発熱繊維は汗や湿気を吸収し、それを上手く利用して温めることができる繊維です。

 

ですので、脇にかいた汗を吸収して更に体を温めることができます。

 

これを繰り返すことによってどんどん体が温まりますが、同時に脇汗も増えますので悪循環を繰り返してしまうのです。

 

また、ヒートテックは乾きが悪いので次から次へと脇汗が付着する状態に陥ってしまいます。

 

これによって雑菌が繁殖しやすい環境になったり、臭いを発し続ける原因にもなります。

 

こうしたことからも分かるように、ヒートテックの温かさは悪い方向に作用してしまいますので、脇汗をかきにくい材質や脇臭が気にならない材質を使用した服を着るのが良いと言えます。

 

 

脇の臭いが気にならない繊維とは?

 

綿素材

 

衣類と脇臭は密接な関係がありますが、脇の臭いが気にならない繊維は何でしょうか?

 

それは綿や麻、絹などの植物繊維です。

 

植物繊維は臭いを吸着させる効果がありますので、服の外へ臭いが出ることはほとんどありません。

 

また、夏のような暑くて汗をかきやすい時期は風通しが良い麻を使用した服が良いでしょう。

 

特にコットンやシルク100%の服は吸湿性や通気性に優れていますので脇の臭いが気になる人におすすめです。

 

逆に脇の臭いが気になってしまう繊維は化学繊維です。

 

化学繊維にはナイロンやポリエステル、ポリウレタンやアクリルなどがあります。

 

この化学繊維を使用した服は臭いをまき散らしやすいですし、臭いがきつく感じられます。

 

また、化学繊維のポリエステルは基本的に水分しか吸収せず、アポクリン腺に含まれる脂質やタンパク質は表面に残してしまいます。

 

その表面に残ったものが雑菌のエサになって繁殖させてしまうことがあります。

 

このように化学繊維は脇の臭いが生地につきやすいので、脇の臭いが気になる場合は天然素材を使用した服を着るように心がけておくと良いでしょう。

 

特典多数の↓クリアネオ公式サイト