脇の黒ずみの原因とは?

ワキガ対策を間違うと脇が真っ黒に!

 

ワキガ

 

女性を悩ませる問題は様々なですが、ワキガという臭いで悩んでいる人も多くいるでしょう。

 

ワキガはすれ違うだけで臭いますし、同じ空間にいる人なら誰もが臭いを嗅いで嫌な気分になってしまいます。

 

学校や会社では勉強や仕事に集中できなくなりますし、満員電車やバスの中では密着しますのでかなりの悪臭で迷惑をかけてしまいます。

 

そんな厄介で迷惑なワキガは様々な方法で対策をとることができます。

 

しかし、臭いを抑えるだけは簡単にできるのですが、それによって他の問題を引き起こしてしまうことがあります。

 

それは脇の黒ずみです。

 

ワキガ対策を間違うと脇が真っ黒になってしまうこともあるのです。

 

では、どうしてワキガ対策を間違うと脇が真っ黒になってしまうのでしょうか?

 

それは脇に強い刺激を与えてメラニン色素を発生させてしまうからです。

 

人間の体は外部からの刺激に対して敏感になっており、ちょっとした刺激でも体を守ろうとしてメラニン色素を発生させてしまいます。

 

特に脇の下は皮膚が薄くて弱いのでメラニン色素が発生しやすくなり、それが色素沈着となって脇が真っ黒になってしまうのです。

 

ワキガ対策で脇を触ったり刺激する機会が増えますので、そうした対策が間違った形で行われてしまうと黒ずみになりますので気を付けておかなければいけません。

 

 

黒ずみの原因

 

女性にとってすごく恥ずかしい悩みと言えば脇のことではないでしょうか。

 

脇は綺麗にしておかないと、いつどこで誰に見られるか分かりませんので、ほとんどの女性はお手入れしているでしょう。

 

だけど、お手入れしているのに黒ずんでいる人もいるのではないでしょうか。

 

毎日しっかりお手入れしているのにワキガになったり黒ずんでしまうのはどんな原因があるのか気になるところです。

 

実は脇の黒ずみは毎日のように行っているお手入れにもあるのです。

 

脇毛をカミソリや毛抜きなどで処理しますが、その時には脇の皮膚に大きな刺激を与えています。

 

その刺激によって体を守ろうとするメラニン色素が発生し、それが色素沈着して黒ずみになってしまうのです。

 

また、衣類などの摩擦によって肌にダメージを与えるとメラニン色素が発生して黒ずみになることもあります。

 

それに、毛穴に汚れが溜まると黒ずみになることもありますし、ワキガのケアで黒ずみになることもあります。

 

特にワキガのケアで脇毛の処理を頻繁にする人は黒ずみやすくなりますので注意が必要です。

 

更にはワキガのケアで脇の下をゴシゴシ洗い過ぎ、皮脂をとり過ぎるのも乾燥して黒ずみの原因になりますので気を付けておきましょう。

 

ワキガが原因でできてしまった黒ずみをきれいに解消する方法もあります!
詳しく知りたい方はこちらをご覧ください→ワキガが原因でできた黒ずみの解消法

 

黒ずみを作らないデオドラントの選び方

 

ワキガの臭いは独特で強烈な臭いを発生させますので、デオドラントを使用して臭いを抑える人が多くいます。

 

しかし、ワキガの臭いを抑えるためにデオドラントを使用すると黒ずみを作ってしまうことがあります。

 

何度も使用していると肌に負担をかけて色素沈着を起こし、臭いだけではなく黒ずんでも悩まされてしまいます。

 

では、黒ずみを作らないデオドラントの選び方はどのようなことが良いのでしょうか?

 

それは、刺激が強い成分を含んでいなくて自分の肌に合っているものを選ぶことです。

 

刺激が強いと使うたびにメラニン色素が発生し、それを繰り返すという悪循環を起こしますので、できることなら天然由来で肌に優しいクリームタイプが良いでしょう。

 

できるだけ低刺激で摩擦の少ないデオドラントを選んで、黒ずみを作らないように心がけたいですね。

 

特典多数の↓クリアネオ公式サイト