ワキガと脱毛には深い関係があった!

脱毛をするとわきがも治る?

 

ワキガは脇脱毛をすると治るのでは・・と考えている人もいるようです。
実際のところはどうなのでしょうか。

 

汗腺

 

ワキガというのは、脇の下から独特な嫌な臭いがするものです。
体臭と片付けるのではなく、ワキガはれっきとした腋臭症(えきしゅうしょう)という疾患だとういことを理解しておかなければいけません。

 

ですから、脇脱毛をしたからといってその疾患が治るようなことはありません。
ただし、脇毛があるかないかということで臭いを軽減する効果はあるでしょう。
ワキガは汗腺による臭いです。

 

汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」という2つの種類があるのですが、ワキガに関係するのは「アポクリン腺」です。
これが異常分泌することでワキガになります。

 

もっとも、エステなどでの光脱毛では出力が弱いのでそれほどの効果はないようですが、病院などで行うレーザー脱毛では、同時にアポクリン腺を破壊することもできるそうです。

 

ですから、自分で脱毛するくらいではそれほど効果はないのですが、レーザー脱毛では、それ自体がワキガの処置としている病院もあるようですから、相談してみるといいでしょう。

 

まずは、エステなどでの光脱毛をしてから考えるという手もありますね。

 

逆に悪化することも

 

ワキガの場合、脇毛の脱毛をすることで、臭いを軽減する効果があります。
少なくとも多くの人はそういう認識だと思います。

 

しかし、脱毛をして以前よりも臭いがきつくなったという人も多いのです。
それは、従来のワキガの臭いの解消にはなったかもしれませんが、新たなワキガが発症しているのかもしれません。

 

なかなか、考えにくいことですが、実際にそういうことはあるようです。
ワキガの原因となるのはアポクリン腺です。
これが通常よりもたくさん分泌されるのがワキガの原因なのです。

 

レーザー脱毛をすることで、このアポクリン腺の活動を止める働きがあるので、脱毛をするとワキガが軽減されるというのは本当です。
しかし、逆にレーザー脱毛によって刺激を受けてアポクリン腺の活動が活発になる例も多数報告されているのです。
もっとも、それも一時的なものとされています。

 

もしも、ワキガが脱毛するまで以上に臭うようであれば、他の原因も考えられます。
基本的に体臭というのは、先述したアポクリン腺と皮脂を出す皮脂腺によるものです。

 

これらがワキガ以外にも何らかの要因で分泌量が増えることがあります。
また、脱毛をすることで脇毛に隠れていた臭いがダイレクトに臭うということもあります。
様々な要因が考えられるので、ひどく感じたときは皮膚科に行くのが最善の策ですえね。

 

ワキガ手術と脱毛の関係

 

脇脱毛をすると、ワキガの臭いが軽減されたということを言う人がいますが、ワキガの元となっているアポクリン腺の分泌量をコントロールしない限り、ワキガの臭いがなくなることはありません。

 

それでも、脇脱毛をすると、ワキガの臭いが軽減されたという話はよくききます。
というのも、これは脇脱毛でアポクリン腺の分泌が抑えられることがあるのです。

皮膚科によってはワキガ手術と脇脱毛をセットに考えて行うところもあります。

 

ワキガを気にしている人にとっては、ワキガの手術をしながら、脇脱毛もできるので一石二鳥と言えるでしょう。
医学用語で、剪除法(せんじょほう)をいうワキガ手術があるのですが、これがまさに、脇脱毛を兼ねたワキガ手術なのです。

 

もっとも、最近のワキガ手術は汗腺を除去するときに、毛根も除去することができるようです。

 

それで、患者さんが望むのであれば、ワキガ手術で汗腺を除去してアポクリン腺の分泌をカットしながら、毛根も除去して、脇脱毛も同時に行うことが多いのです。

 

ワキガの手術をするのは女性が圧倒的に多いということですから、そのときについでという言葉は適当ではないかもしれませんが、脇脱毛を同時にしてもらうことが多いのも容易に頷けます。

 

特典多数の↓クリアネオ公式サイト