特徴を知ればワキガかそうではないかが判断できる!

もしかしたらワキガかも!その特徴とは?

 

ワキガは遺伝する・・というと意外でしょうか。
親がワキガなら50%の確率でワキガになるそうです。

 

しかもそれは、生まれてからすぐにわからないのです。
思春期の多感な年頃のときにワキガかどうかがわかるというのも少し皮肉めいたものに感じます。

 

それでは、どのようにしてワキガがわかるのでしょうか。

 

もっとも、最初に言っておかなければいけないのはワキガは疾患だということです。
ですから、ワキガの判断は医師が行うものです。

 

もちろん、だからといってワキガかも、と考えるのは自由ですし、ワキガを判定する基準はあります。
というのもワキガはアポクリン腺が通常の人よりも多くなっている状態なのです。

 

思春期以降・・これは10代になってからということになりますが、実際に脇を見てみるとわかります。
アポクリン腺が通常の人の数倍から10倍以上とされていますから、臭いの元がこれだけあるのですから、臭いもすごいものになるのです。
アポクリン腺は多いと目で見てもわかります。赤いブツブツ状になっていたら間違いなくワキガと判断してもいいでしょう。

 

もちろん、医師の診断が必要ですが、脇の臭いがきついこと、さらに赤いブツブツ状になっていたらワキガと判断してもよさそうです。

 

子供のここをチェック!ワキガ体質が簡単に分かる方法

ワキガの判断にはいろいろなものがあります。

 

もっとも、体臭というのは思春期以降に出てくるものですから、小さい子供の時分ではわからないことが多いのです。
それでも、判断するとしたら以下のようなものになりそうです。

 

まずは遺伝です。
ワキガは遺伝するので、片方の親がワキガであれば、50%の確率でワキガになります。
これも確率の問題ですから、何とも言えないのですが、両親がワキガでしたら、ワキガの確率は80%になるそうです。

 

他には、耳垢が湿っている場合もワキガの可能性が大ということです。
アポクリン腺は耳の中にもあるので、耳垢が湿っているということは、アポクリン腺が多いということを意味しているからです。

 

そして、ワキ汗なのですが、ワキ汗などで服に黄色いシミができるようならワキガ体質の可能性が高いです。
このあたりもしっかりとチェックしておきましょう。

 

また、高タンパク高カロリーの摂取でワキガになるということはありません。
ワキガというのは生まれながらに決まっているので、急にワキガ体質になることはないのです。

 

もっとも、肉や乳製品をよく食べる人の体臭は臭うとういのは通説ではなく本当のことのようですから、これも気をつけたほうがいいでしょう。

 

自分では全く臭いに気づかないのはなぜ?

 

臭い

 

自分の臭いというものはわからないものです。ですから、人から指摘されて気がつくというのはよくあります。
できれば、何でも話し合えて、指摘してくれるといった気の合う友だちを持っておくといいですね。

 

もちろん家族でも大丈夫です。
自分の臭いが気がつかないのは、口臭を思い出してもわかるのではないでしょうか。
一番臭いそうなものなのですし、実際に誰にも口臭があります。しかし、自分ではその臭いに慣れすぎてしまって臭覚が麻痺していると考えていいです。

 

ですから、ワキガなどの臭いも自分の臭いでかぎ慣れているので、自分では臭うような気がしないのです。
もちろん他の人はその臭いに慣れていませんから敏感に感じ取るのです。

 

そのように感じてくれる人が家族や気の合う友だちだったらいいのですが、それが恋人だったら百年の恋も冷めてしまうかもしれません。
そのようなことがないように体臭や口臭には日頃から気をつけたいものです。

 

また、家族であれば体臭も似たようなものになるので、家族の間で臭いに慣れているということもあります。
そうなると家族の指摘もあてにならないということになるので、最後に頼るのは気の合う友だちということになってしまいますね。

 

特典多数の↓クリアネオ公式サイト