脇が臭くなる食べ物

これを食べると脇が臭くなる!

 

ワキガになってしまう原因はたくさんありますが、その中の一つに食べ物があります。

 

ワキガと食べ物には密接な関係があり、その食べ物を食べることによってワキガになりやすくなりますし、ワキガになっている人は悪化して改善できなくなることもあります

 

特に脇が臭くなる食べ物は肉類や刺激が強いものです。

 

肉に含まれる動物性タンパク質を摂取し過ぎると、アポクリン腺が活発になって汗をかきやすくなるからです。

 

また、動物性タンパク質を多く含む食事が多くなるとアポクリン腺に溜まる臭いのもとが多く溜まるようになり、稀にですがアポクリン腺が大きくなってしまうことがあります。

 

刺激が強いものはコーヒーなどに含まれるカフェイントウガラシなどの辛いものです。

 

カフェインにはアポクリン腺を刺激する働きがあり、刺激されることによって大量の汗を分泌させてしまいます。

 

香辛料

 

トウガラシなどの辛い物は汗腺を刺激して汗をかきやすくなります。

 

よく辛い物を食べて汗をかいている人がいますが、あれは汗腺を刺激しているからです。

 

それと、脂質を多く含む食べ物も脇が臭くなることがあります。

 

汗に脂質が含まれることによって雑菌のエサになり、それによって雑菌が?殖しやすくなります。

 

さらに、脂質が酸化することでも脇が臭くなることもあります。

 

脇が臭くなる前に予防策として食べ物に気を付けるのも良いですし、現在ワキガになっている人は悪化させないように食べ物にも気を付けてください。

 

体内の毒素を排出することで脇の臭いを消す断食も効果的です。

 

詳しくはこちらをご覧ください→ワキガと断食

 

 

ワキガの人が注意したい食べ物

 

ワキガと食べ物には深い関係があり、悪化させるような食べ物を食べているとなかなか改善することができません。

 

ですので、今現在ワキガの人は食べ物に気を付けることが大切です。

 

では、ワキガの人が注意したい食べ物は何でしょうか?

 

それは、赤身の肉や乳製品、ジャンクフードやスパイス類です。

 

赤身の肉は腸内で残ってしまうことがよくあり、それが原因となって悪臭が発生してしまいます。

 

悪臭が溜まると血中に入ってしまい汗と一緒に出てくるのです。

 

全く食べてはいけないことはありませんので、食べ過ぎにだけ注意してください。

 

乳製品はタンパク質や脂質を多く含んでおり、それがアポクリン腺を刺激して汗をかきやすい状態にさせてしまいます。

 

それに、乳製品は腸内に詰まりやすいので、腸内腐敗を引き起こしてしまいます。

 

そうなると腐敗臭が腸に吸収されて血液内に入り、汗と併せて臭いを発生しながら出てきます。

 

ジャンクフードには添加物や油などが多く含まれています。

 

その添加物や油は消化されにくくて腸内に溜まってしまうことがよくあり、結果的に血液に入って臭いのもととなるのです。

 

それに、糖分も含まれていますが、その糖分は体内で脂肪へと変化してアポクリン腺を活発にさせてしまいます。

 

スパイス類にはコリンやレシチンという成分が含まれており、それが体内で変化して臭い物質となります。

 

ワキガで悩んでいる人は、このような食べ物に注意しておきましょう。

 

 

脇の臭いを解消する食べ物

 

脇の臭いを解消する食べ物はアルカリ性の食品が良いとされています。

 

血液や体液の酸化を防止するアルカリ性は体臭予防に効果的です。

 

梅干し

 

特に梅干しやワカメ、ヒジキやメカブなどが解消できる代表的な食べ物です。

 

また、抗酸化作用がある成分を含む食べ物も良いでしょう。

 

臭いの原因となるノネナールの発生を防いで脂肪酸の酸化を防ぐことができます。

 

ビタミンCやビタミンEを多く含んでいる食べ物が効果的です。

 

それに、ゴマグリンやポリフェノールも効果的とされています。

 

ゴマグリンはワキガの臭いの原因菌を肝臓で分解して無毒化できますし、ポリフェノールには強力な抗酸化作用があります。

 

こうした食べ物や成分を積極的に摂取して脇の臭いを解消してみましょう。

 

特典多数の↓クリアネオ公式サイト