身近にあるもので簡単に脇臭をケア

自宅にあるもので簡単臭いケア

 

ワキガは強烈な臭いを出しますので他人に嫌がられてしまいます。

 

そんなワキガは自宅にあるもので簡単にケアできることがあります。

 

そのケア方法の一つに重曹を使用する方法があります。

 

重曹

 

重曹とは弱アルカリ性で中和作用があり、ナトリュウム化合物の一つです。

 

この重曹は中和作用の他に消臭作用や発泡作用、研磨作用や水と油を馴染ませる作用などがあります。

 

また、重曹には殺菌作用もありますので皮膚にいる雑菌の繁殖を抑えることもできます。

 

では、どうして重曹がワキガに効果的とされているのでしょうか。

 

それは、人が発生させる臭いは酸性臭だからです。

 

重曹は弱アルカリ性で酸性を中和させることができます。

 

しかし、全ての臭いに効果があるわけではありません。

 

アンモニアなどのアルカリ性には中和作用が働きにくいからです。

 

それと、重曹は胃酸を中和できることから胃薬としても使用されていました。

 

そして、ワキガの原因となる皮膚表面の雑菌は酸性に弱いのでミョウバンのような酸性のもので繁殖を抑えることができますが、アルカリ性の重曹でも殺菌作用がありますので繁殖を抑えることが可能です。

 

また、雑菌のエサとなるのはアポクリン腺から出る脂質やタンパク質ですが、それを分解して除去することもできますので結果的にワキガの臭いを抑えることに繋がってきます。

 

この他には、重曹を使用することによってワキガの原因となる垢や毛穴の汚れを綺麗にできる効果がありますし、アポクリン腺の出口となる毛穴を小さくする効果も期待することができます。

 

このように重曹はワキガを簡単にケアできますので試してみてはいかがでしょうか。

 

 

オロナインで脇の臭いが消えるのはウソ?

 

オロナイン

 

オロナイン軟膏は少し前であれば家庭に一つはありそうな軟膏薬です。

 

このオロナインが脇の臭いに効果があるといわれているのはご存知でしょうか?

 

効果があると言っても一時的なものなので、ワキガを完全に改善できるわけではありません。

 

では、どうしてオロナインが一時的に効果があるのでしょうか。

 

それは、オロナインに殺菌作用があるからです

 

脇の臭いの原因となるアポクリン腺から汗が出ますが、その汗を分解して臭いを発生させる雑菌が皮膚表面にいます。

 

その雑菌をオロナインは殺菌することができますので、殺菌作用が効いている一時的な効果があるというわけです。

 

ですが、オロナインを使用するくらいなら重曹を使用したほうが良いと言えます。

 

オロナインを脇に塗っていればベタベタしますし服についてしまうからです。

 

また、オロナインの独特な臭いと脇の臭いが混ざることで、何とも言えない臭いが発生しますので違和感があります。

 

 

重曹で作る脇の消臭剤

 

重曹水

 

脇の消臭剤として重曹を使用するときは、スプレー容器と精製水、重曹を用意します。

 

精製水は水道水でも構いませんが、精製水のほうが不純物を含んでいませんのでおすすめです。

 

重曹は食品用と工業品用がありますが、不純物が少ない食品用の方が良いでしょう。

 

作り方はスプレー容器に精製水100mlと大さじ一杯分の重曹を入れ、重曹がしっかり溶けるまで混ぜます。

 

重曹は水に溶けにくく完全に溶けるまで少し時間がかかりますので焦って加熱しないようにしましょう。

 

これだけで出来上がりですので誰でも簡単に作ることができるでしょう。

 

作った重曹水を脇に噴射しますが、脇をしっかり乾燥させておくと消臭効果が高くなります。

 

また、脇臭が強い海外では水に溶かさずそのままベビーパウダーのように塗っていますが、肌が荒れる人もいますので最初は水に溶かして使用したほうが良いでしょう。

 

脇の臭いで悩んでいる人は、重曹でワキガケアして改善してみてはいかがでしょうか。

 

特典多数の↓クリアネオ公式サイト