大量の汗が出る多汗症は脇の臭いもきつくなる

多汗症の人はワキガになる?

 

多汗症とワキガを同じと考えている人もいるのではないでしょうか。

 

ワキガと多汗症は全く別物です。

 

多汗症は汗を多くかくだけであって強烈な臭いを発生させることはありませんが、ワキガは汗をかくと同時に強烈な臭いを発生させます。

 

こうした違いがありますが、多汗症だからといって必ずしもワキガになることはありません。

 

ワキガになるのはアポクリン腺という汗腺から出る汗が原因となりますが、多汗症はエクリン腺から大量の汗を分泌するからです。

 

エクリン腺はアポクリン腺のように臭いを発生させる汗はあまり分泌しませんので多汗症が原因でワキガになることは考えにくいのです。

 

 

多汗症とはどんな病気なのか

 

多汗症は特にエクリン腺と呼ばれる汗腺から必要以上に汗を分泌させてしまう病気で、温度や運動に影響されることなく大量の汗をかいてしまいます。

 

原因となるのは汗を分泌させるのをコントールする交感神経が乱れることです。

 

交感神経はストレスやホルモンの影響によって正常に機能しなくなり乱れてしまいます。

 

特に肥満気味の人や緊張しやすい人が多汗症になりやすい傾向にあります。

 

また、多汗症には全身のいたるところに汗をかきやすい「全身性多汗症」と、脇などの特定の部位だけ汗の分泌量が多くなる「局所性多汗症」があります。

 

さらに細かく分けると、手のひらに汗をかく「手掌多汗症」や足の裏に汗をかく「足蹠多汗症」、脇の下からだけ汗が大量に出る「腋下多汗症」があります。

 

分泌される汗は基本的にエクリン腺から分泌される無色透明のサラサラした液体となっており、割合は水分が99%で残りは塩分とされています。

 

原因となるのは交感神経の乱れの他に代謝異常や内分泌異常、循環器や中枢神経の疾患などもあり、糖尿病や急性リウマチ、バセドー病や生殖器障害などがあります。

 

また、遺伝と多汗症との関係性も否定することができません。

 

直接的とは言えませんが精神的な原因となる性格の問題もあるからです。

 

煙草 コーヒー ワキガ

 

他にはタバコやコーヒーなどに含まれるニコチンやカフェインも発汗が促されて原因になることがあります。

 

それに、辛い物や熱いものを食べると汗をかきますが、必要以上の汗をかくと「味覚性多汗症」の疑いがあり、味覚神経への刺激が過度に働くことによって起きます。

 

症状が重くなると普通の食事でも大量の汗をかいてしまいます。

 

こうした多汗症はワキガ特有の酸っぱい臭いやかび臭い臭いなどはありませんので、ワキガと区別することは簡単です。

 

しかし、ワキガの人が多汗症を伴っていることに気づくのは難しいので、クリニックなどの医療機関で1度診てもらった方が良いと言えます。

 

 

ケアと治療方法

 

注射

 

多汗症の治療方法は代表的なものが4つあり、イオントフォレーシス、塗り薬、漢方、ボトックス注射です。

 

イオントフォレーシス

・・・電流を流してある水が入った容器に手足を入れ、2週間くらい続けて治療を受けると症状を抑えることができる治療法です。

 

塗り薬

・・・塩化アルミニウムを使用する方法で、汗腺にフタをすることによって一時的に汗を抑えることができます。

 

漢方薬

・・・防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)などを服用し、体質から改善したり精神状態から改善することができます。

 

ボトックス注射

・・・ボツリヌス菌を注入してエクリン腺の働きを抑制させる治療方法で、美容クリニックで受けることができます。

 

この他には、脇の下を切開してアポクリン腺を破壊する超音波手術や、神経に局所麻酔薬やステロイド剤を投与する「星状神経節ブロック」や「胸部交感神経ブロック」といった治療方法もあります。

 

それに、交感神経を切断して多汗症を抑える「胸腔鏡下交感神経節遮断術」という手術もあります。

 

多汗症についてもっと詳しく知りたい方は専門サイトとへどうぞ=多汗症は遺伝なのか?!体質改善で汗かきを確実に治すには

 

特典多数の↓クリアネオ公式サイト