ホルモンバランスと脇の臭いの関係

ホルモンバランスによって脇の臭いが変化する?

 

脇の臭いを気にするのは男女関係ありません。

 

どちらも脇の臭いとなる原因が脇の下にあるからです。

 

しかし、脇の臭いの原因になるのは他にもあります。

 

それは、ホルモンバランスの変化です。

 

脇の臭いとホルモンバランスの変化は密接な関係にあり、ホルモンバランスの変化によって汗の量も変化しますし、自律神経を乱してしまうことがあります。

 

また、ホルモンバランスが乱れると交感神経や副交感神経のバランスも乱れてしまい、これによって副交感神経が優位になれば汗を抑える働きが優位になるから良いのですが、交感神経が優位になると汗をかきやすくなります。

 

それと、女性ホルモンが減ってしまうことで脇に汗をかきやすくなります。

 

これは女性ホルモンは汗を抑える働きがあるからです

 

特に汗腺が多くある脇の下に汗をかきやすくなりますので結果的に脇の臭いとなってしまいます。

 

女性ホルモンが減って男性ホルモンが増えるともっと厄介なことになってしまいます。

 

男性ホルモンが増えると皮脂の分泌が活発になってしまい、その皮脂が汗と混ざることによって雑菌のエサになってしまうからです。

 

雑菌が?殖すれば脇の臭いが強くなりますのでホルモンバランスの変化にはすごく気を付けておいた方が良いのです。

 

脇の臭いで悩んでいる人はホルモンと脇臭の関係をしっかり把握して今後の改善に役立ててください。

 

 

妊娠中の脇の臭い

 

妊婦

 

妊娠中は様々な悩みがあります。

 

その一つとして妊娠する前は脇の臭いがなかったのに、妊娠したら脇の臭いが強くなったという人もいるでしょう。

 

この妊娠中の脇の臭いはホルモンバランスの変化によって基礎体温が上がってしまい、同時に新陳代謝も活発になることで脇に汗をかきやすくなるからです。

 

それに、ワキガの原因となるアポクリン腺の働きも活発になりますので、ワキガの臭いがする人も出てきます。

 

また、妊娠すると臭いに敏感になることがよくあります。

 

実際はあまり脇の臭いがしないのに敏感になっていることで臭いが強いと感じてしまうこともあります。

 

この他には妊娠中は便秘になりやすいことも脇の臭いと関係しています。

 

妊娠中は子宮が腸を圧迫して便意を感じなくなることがありますし、腸の動きが悪くなって便秘になってしまうことがよくあります。

 

その便秘によって腸内に悪臭ガスが発生し、そのガスが腸に吸収されて汗と一緒になって臭いのもととなるのです。

 

また、脇の臭いを気にし過ぎることで精神面に大きな影響となって悪化させることもあります。

 

人に会う時に脇の臭いに気づかれないかというようなプレッシャーから脇汗を大量にかくことがあります。

 

ですので、体表面の汗だけではなく内面にも気を付けなければいけません。

 

 

ワキガとの関係 

 

妊娠中に脇や乳首、性器などからワキガのような臭いがすることがあります。

 

しかし、ほとんどの人はワキガではありません。

 

妊娠中という一時的な脇の臭いだからです。

 

稀に本当にワキガになってしまう人もいますが、ほとんどの人は出産後や授乳期が終わるくらいに臭いがしなくなります。

 

ワキガと妊娠の関係はホルモンと脇臭の関係と同じことが言えます。

 

妊娠中はホルモンバランスの変化によって脇の臭いが強くなるだけで、必ずワキガになるとは言えませんので心配している人は安心してください。

 

すごく脇の臭いが気になってしまう人は自分勝手に改善しようとすると赤ちゃんに危険が及ぶ可能性がありますので医師に相談してください。

 

また、ワキガになっていることを確認したい場合は、下着や服に付いた脇の下のシミが黄色になっていないか、耳垢が湿っていたり、べったりした汗がでていないか、などをチェックしてみましょう。

 

特典多数の↓クリアネオ公式サイト